japanese chinese










社長のメッセージ
              ごあいさつ

 IT技術の目覚しい進歩が、遠く離れた地域間の距離と時間を短くし、それに伴い人と人の距離と時間も短くなってきています。

 バブル経済を乗り切った最近の日本経済の回復と伸びは著しいものがあります。景気の回復に伴いIT投資の増大、同時にIT技術者の需要が増える一方で少子化、団塊世代のリタイアによってIT技術者不足が課題になってきています。

 他方、中国では環境問題、エネルギー需要の増大と消費効率低下、賃金上昇、国際競争力、社会保障制度の整備などの多くの課題を抱えながらも高度成長を続けています。そこではより高度な情報システムが必要となってくると考えられます。また政府はソフトウエアの輸出を強く推進し支援しています。

 TBKは日本と中国に跨るIT企業として、日本における受託設計・開発体制をしき、中国でのオフショア設計・開発で、お客様の業務発展に貢献させて頂くとともに、日中間のかけ橋による社会貢献をめざします。そして社員一人ひとりの幸せを実現していきます。これができてこそ会社の成長発展が可能であると信じております。

 お蔭さまで当社は2002年1月創業以来、お客様から厚い信頼とご支援を頂いており、業容は毎年確実に拡大してきました。オフショア設計開発、ERPシステムの導入支援、組込みソフト、インターネットシステム構築などの分野で確かな実力と特長を育んで参りました。また、中国では北京子会社、広州事務所、無錫子会社、杭州子会社の設立により確固たる営業、技術サポート体制を築いてきました。

 今後も「誠実、貢献、創新、プロ意識」の経営理念を強く掲げ、社員に夢と誇りを持たせるグローバルな経営環境を実現し、お客様のニーズに確実にこたえる高度なITサービスを提供して参ります。
  


代表取締役社長 
銭振


Copyright (C) 2009 TBK Systems Corporation. All rights reserved.